横浜DeNA 、ARを活用した『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』キャンペーンを実施

『YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020 Supported by 横浜銀行』の特別企画として、2020年8月31日(月)〜9月10日(木)の期間限定で、最新の3Dマップシステムを用いたAR(拡張現実)アプリ『XR CHANNEL』を使い、街中でもイベントの雰囲気を楽しめる『YOKOHAMA STAR☆NIGHT AR』が開始されました。

横浜スタジアムのある横浜公園から横浜新港エリアをつなぐ全4箇所にてARを閲覧することが可能で、街の魅力を感じながら球場の外でも『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』の雰囲気を楽しめるものです。

『YOKOHAMA STAR☆NIGHT AR』の登場を記念したSNSキャンペーン『ARで #スターナイト 街で巨大選手を見つけよう!』を実施し、『XR CHANNEL』で体験したARの写真を#スターナイトをつけてTwitterへ投稿していただいた方を対象に、抽選で100名様に『YOKOHAMA STAR☆NIGHT 2020 Supported by 横浜銀行』スペシャルユニフォームをプレゼント としてユーザー向けのインセンティブを設けられています。

ユーザーの反応

8月31日に横浜DeNAベイスターズの公式Twitterアカウントから投稿された動画では、動画の再生数が4日間で約3万再生、600回以上のリツイートがされているのを確認できています。

その他にも、リリース直後からハッシュタグ付きで多くのユーザーが投稿しているのを確認できていますが、そのうちのいくつかをピックアップします。

まとめ

アプリをダウンロードしてもらい、キャンペーンに参加をしてもらうのは、ややハードルが高いですが、キャンペーンの企画がユーザーの興味を惹くものであれば、アプリダウンロードをしたうえで、AR体験、SNS投稿がされるというのは他社でも複数の事例があります。特にアプリでのAR体験はリッチな体験ができることから、今後も利用が増えてきそうです。

『XR CHANNEL』は国内初の3DマップARアプリとして、横浜DeNAベイスターズがKDDI株式会社と2020年6月より締結している“ビジネスパートナーシップ”の一環での施策とのことです。

参考:SoVeCとKDDI、空間認識技術(VPS)を活用し、日常空間にARを表示させる「XR CHANNEL」の提供開始

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です